FC2ブログ
  • プロフィール

    こまけだら

    Author:こまけだら
    早稲田大学教育学部社会科社会科学専修卒業。現在は自宅警備員、家事手伝いを兼業。

  • 最新トラックバック


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category : スポンサー広告 | Comment | Trackback
2012/05/16(Wed)

「普段どんな曲聞いてるの?」

いやあ、これ聞かれると面倒くさいね。趣味系の質問は大抵めんどくさい。何か万人受けするような趣味があればいいんだけどね。楽器とかスポーツとか、あるいは映画とか。あいにくそういった品は当店では扱っておりません。ただ流石に思ってもいないようなことを言うのは気が引けるので「オラの趣味は読書とスポーツだ」とかそういうのは言わないが。
タイトルに戻ろう。「普段どんな曲聞いてるの?」と聞かれたらどうするか。俺は「アニソン」と答えることに決めている。こう答えればその方面に疎い一般人は黙ってくれるので面倒がなくて良い。そこで接点がないことを悟ってそれ以上趣味の話には深入りしてこなくなる。もし食いついてきたらそれはそれで何とでも対応できる。が、それは世を忍ぶ仮の趣味。いやアニソンも好きと言えば好きだけど本当に好きなものは他にある。まあ要するに・・・

ゲームBGMっていいよね!
というわけで。だが哀しいかなまったくと言っていいほどこういう話が出来る人がいない。多分ジャンルとして認識すらされていないだろう。最後にゲーム音楽について語ったのは高校一年の時か?聖剣伝説3のBGMについて他クラスの名前も知らんような奴と熱く語り合ったものだ。語れる奴が滅多にいない分、たまにそういう相手と巡り会えると喜びもひとしお。そもそも振り返ってみると中学の時初めて買ったCDがサガフロンティア2のサントラだったり。あまり覚えていないけど普通にゲーム一本買える金でサントラCD買うあたりよほど欲しかったんだろう。そのCDは今でも宝物として大事にとってある。

そういう趣味なもので古代祐三とか菊田裕樹とか下村陽子とかについて語ることはできてもAKB?とかレディー・ガガ?とかそういうのはまったくわからない。何せニュースで知るまでレディー・ガガはモビルスーツの名前か何かだと思っていたくらいで。無関心ってこわいね。
スポンサーサイト
ホーム | Category : ゲームコメント:アイコン Comment0Trackback0
2011/11/02(Wed)

フヒヒwwwゲーセンwww

昨日友達とゲーセンに行った。久々なもんだからあまり勝てなかったけどなかなか楽しかった。
ネタが無いので気分が良いのでゲーセンネタで一つ記事を書いてみる。


俺がゲーセンに行くようになったのは高校1年になってから。
それまではゲーセンといえば不良のたまり場で暗くてうるさくてタバコ臭い、できれば近づきたくない場所だと思っていた。
ある日、同級生のSが「お前ZDX(※)やってるんだろ?帰りに対戦しようぜ」と誘ってきた。
俺は「でも俺家庭用しかやったことないし、ゲーセンのレバー苦手だし・・・」と断ろうとしたが、
「んなもんすぐ慣れるって。五限終わったら行くぞ」と問答無用で押し切られた。
それまでSと直接話したことはほとんどなかったが、正直彼のことは苦手だった。
そもそも見た目からして高校生には見えない。
行事で生徒の保護者が学校に来ることが稀にあるが、彼はすれ違うたびに保護者から会釈をされていた。
保護者か、あるいは教員と間違われていたのだろう。俺も、そうと知らなければ同様に会釈をしていたことだろう。
しかもどうやら重度のオタクであるらしい。当然ZDXもやりこんでいるだろう。
俺がフルボッコにされるのは目に見えていた。
だからそんな彼から強引にゲーセンに誘われた俺は涙目状態だった。

ルールはタイマン(本来は2対2でやるゲームだが)。機体選択は自由。ステージは地上ランダム。
ゲーセンでやるのはほぼ始めてというハンデがある以上、遠慮はいらない。
こちらからは攻めず、待ちに徹してSが攻撃してくる瞬間にカウンター気味に反撃する戦法。
(慣れないレバーでは基本操作はともかく、自分から動いて攻めるのは難しかった)
どうせ負けるのだから気楽にやればいい。そう思っていた。
結果は勝利。しかも終始こちらが優勢で危なげない勝利だった。
正直言って、なぜあんなに自信満々に対戦に誘ってきたのか不思議だった。
Sは言った。
「今のは何かの間違いだ。次は負けない」
そして二戦目。勝利。
「これで負けたら俺このゲームやめるわ」
三戦目。二度あることは三度・・・なかった。
さすがにそうそう何度も同じ手が通用するはずもなく、動きを読まれ負けてしまった。
「なんだよお前十分強いじゃねえかw」
俺はどうやらSに「そこそこゲームの出来る奴」として認識されたようだった。
戦いの後に育まれる男同士の友情・・・というわけではないが、結果としてその後Sとは仲良くなった。

俺とS、そして他の同級生を巻き込んでのゲーセンライフはここから始まったのである。
思いの外長くなったのでいったんここで切ります。


※ZDX・・・「機動戦士Zガンダム エゥーゴvs.ティターンズDX」。ガンダムをモチーフにした2on2の対戦アクションゲーム。
ホーム | Category : ゲームコメント:アイコン Comment1Trackback0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。