• プロフィール

    こまけだら

    Author:こまけだら
    早稲田大学教育学部社会科社会科学専修卒業。現在は自宅警備員、家事手伝いを兼業。

  • 最新トラックバック


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category : スポンサー広告 | Comment | Trackback
2012/04/27(Fri)

人を見たら宇宙人と思え

以前俺を「器の大きい人」扱いしていた人がいたんだけど、それに対してすごく違和感を抱いたのを覚えている。
その人にしてみればほめたつもりなんだろうけど俺からすると全然嬉しくなかった。
自分自身、なんでだろう?と思って思考を巡らせてみた結果がこのタイトル。多分俺はこんな風に思ってる。

これはいささか説明を要するかな。
「器が大きい」っていうのは自分と異なる考えを持った人に対してもその意見を聞いて受け入れることができる、っていう意味よね?
その意味で言うなら俺は全く真逆の人間。器が小さすぎて他人の意見を容れる隙間なんて微塵もない。
だからはっきり言って最初から人のことを理解しようなんてちっとも思ってない。
ぶっちゃけどいつもこいつもわけわかんねえ。でもその人にはその人の世界(半生とかバックボーンとか)があるんだなと思えばそれはそれで尊重しようという気にもなる。
そういう意味で宇宙人という言葉を使ってみたわけで。

そもそもの人の不幸は「話せば分かり合えるはずだ」「人は分かり合うべきだ」という幻想・強迫観念にあるのではないか。
わが子も成長すればいつかわかってくれる、俺の両親ならいずれ認めてくれる。
そんな「いつか」は絶対に来ない。
まああえて親子という関係に限定しなくても友人間とかでもいいんだけどさ。
ただ、特に親子間においてその幻想は根強いんじゃないかと思う。
血を分けた子どもだろうが何だろうが、別個の人間であることに違いないわけで。
ちょっと距離を置いて宇宙人を見るように接してみるのがちょうどいいんじゃないかね。

人が他人を理解できるなんて言うのは錯覚であり、傲慢だと思う。
多分俺の言ってること、わけわかんないよね。抽象的すぎて。あるいはくだらなすぎて。
それでいいのよ。「こいつこんな意味不明なこと考えてやがるんだな」と生暖かい目で見てもらえれば。
ホーム | Category : 雑記コメント:アイコン Comment2Trackback0

トラックバック: ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント: ▼


  • No Title

    「人を見たら宇宙人と思え」

    出ました! 性善説、性悪説に次ぐ「性宇宙人説」。
    人の本性は宇宙人である。確かに。 十人十色とは良く言ったものです。 

    「そんな{いつか}は絶対に来ない。」

    夢や幻想をいだくのは自由ですし、私も好きなので良いと思います。 そして、他人を理解するのは絶対に無理だとも思いません。 しかし絶対に理解できるとも思いません。

    自分のことすら分かっていないんです、自分以外の人間、家族でも友人でも、分かろうとしなければ分かりません。 ただ、分かろうとしても分からないことがある。 そのことを理解していないと、こまさんの言う傲慢な人間になってしまうと思いましたね。

    でも「いつか・・・」って言う人、本当にいますよね~

  • Re: No Title

    性善説、性悪説の話が出たのでちょっと一言。
    やまさんのコメントの内容とはちょっと関係ないかもですが、性悪説って良いですよね。
    人の本質が悪だとすれば、それでも善であろうとする人の姿はより尊いものになると思うんです。
    中二的発想ですがそういうのってカッコいい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。