FC2ブログ
  • プロフィール

    こまけだら

    Author:こまけだら
    早稲田大学教育学部社会科社会科学専修卒業。現在は自宅警備員、家事手伝いを兼業。

  • 最新トラックバック


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category : スポンサー広告 | Comment | Trackback
2011/10/04(Tue)

よい子のみんなはまねしないでね!

最近、と言ってもここ数年のことだが、他人から「良い子」だと褒められることがしばしばある。
言っている本人としては単純に褒めているだけなんだろう。
でもこれ、言われる側である俺の心中は複雑だ。
年齢的にはそろそろ「良い人(良い大人)」でなければいけないのに、「良い子」と言われ続ける。
その事実が暗に大人になりきれない俺の限界を示しているのではないか。半ニート状態の自分の現状を顧みて、なおさらそう思えてくる。


思えば俺はけっこう長いこと「良い子」をやってきた(そこ!「えー」みたいな顔しない!!)。
泣き叫ぶのにも構わず無理矢理連れて行かれた習い事もある程度続けたし、中学ではいつも学年で成績トップを争っていた。
そういう生活をしていたおかげで「良い子」をやるのは大の得意になったが、一方で「良い大人」のやり方はわからず仕舞いで今日まで来てしまった。
多分そういう奴は俺以外にもけっこういると思う。

大人はとかく我が子を「良い子」に育てようとする。
でもそれでは「良い子」にしか育たない。
大人の言うことを何でも聞く、聞き分けの良い「良い子」と、自らの判断で主体的に行動できる「良い大人」は、実は対極の存在だ。
「良い子」の延長線上に「良い大人」はないのだ。
にも関わらず、「良い子」に対して「さぞ素晴らしい大人になるだろう」という見当違いな期待をかける。
子ども自身、そんな大人の期待を受けて「そうなのか」と自分に期待をしてしまう。
でも、もうそこから先は存在しない。
モンハンで例えるなら上位でそこそこの性能があるが、G級への派生がない微妙武器というオチ。
というわけでまた一から作り直しましょう。
ずいぶん回り道しちゃったもんだ。
ホーム | Category : 雑記コメント:アイコン Comment2Trackback0

トラックバック: ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント: ▼


  • No Title

    う~ん・・・
    出た!「名言」。
    久々に こまさんの真髄をみましたねぇ~
    ほんと考えさせられます。 うむうむ。
    それから、自分のコメントがのっててビックリしました。
    なんか恥ずかしいですね。

  • Re: No Title

    いつもコメントありがとうございます。
    でもそこまで持ち上げられるとなんだか恐縮すると言うか申し訳ないと言うか・・・
    でも良くも悪くもこれが俺の本音です。

    > それから、自分のコメントがのっててビックリしました。
    > なんか恥ずかしいですね。
    書いてる私はもっと恥ずかしいです(笑)
    でもきっと最初はみんなそういうものなんですよね。
    お互い徐々に慣れていきましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。